白猿伝説

俵山温泉には昔から伝わる、白い猿にまつわる伝説があります。

「延喜16年(916年)、この辺に一匹の白い猿がいました。それを見た一人の猟師がくる日もくる日もその猿を追い詰め、ついにある日、川で傷を洗っている猿を射止めました。
するとたちまち白い猿は消え、紫色の光に包まれた雲に乗り、奥山へと向かう薬師如来の姿があったそうです。そして薬師如来の化身の跡には、温かい湯が湧き出たという ことです。」
(俵山温泉観光パンフレット[俵山温泉観光協議会編]より)

そのため、猿は俵山温泉のイメージキャラクターとなっており、いろんな場所で猿のキャラクターを見つけることができます。

白猿山
白猿山薬師寺:俵山温泉の起源となるお薬師さんが祀られています。
俵山メインストリート
メインストリートの路上にも。
俵山マンホール
マンホールにも。
俵山浄化センター
浄化センターの外壁にも。
白猿の湯
白猿の湯の入り口にも。「いいよ〜」
俵山行事予定
案内板にも。


このページのトップへ


最新ニュース

  • Yahoo!…日本最大のポータルサイト
  • Yahoo!トラベル…国内・海外旅行の総合情報サイト
  • Yahoo!ニュース…最新の話題、ニュース速報